2017年6月6日火曜日

ただ「持っているだけ」のものは手放して、いつもの気がかりをなくそう!


ただ「持っているだけ」のものは手放して、いつもの気がかりをなくそう!



こんにちは!

「心地よい暮らしで紡ぐ、豊かな人生。」をコンセプトに、

ワードローブオーガナイズ、手づくり石鹸教室、お稽古サロン開業サポートを通して、

ライフスタイルアドバイザーとして活動している、清水梨加です。



はじめての方は、こちらをどうぞ!

『自己紹介』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html


『メニュー&スケジュール』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/04/lesson-menu-1.html





また一つ、大きいものを断捨離しました!

4月から毎月1回、クリーンセンターへ行っています。



{目次}


・ずっと持ってるけど全然使ってないもの

・わが家の物の出入り

・各家庭の不要品、代表格!?

・まとめ







|ずっと持ってるけど全然使ってないもの



今回は、自転車を処分しました。

この自転車は8年前くらいに購入して、引っ越しの度に連れて移動していました。

ですがここ1年はまったく乗ってなかったものです。



現在の住まいは、駅から徒歩1分のところ。

スーパーやドラッグストアへは、歩いていける好立地です。

せっかく持っているので、最初のうちは、歩いて行けるところをわざわざ自転車に乗って出かけてみたりしたこともありました。



駅が近いから乗らないなあ、と思っていたのですが、

前回の住まいを思い返してみたところ、駅まで10分という立地でも乗ってなかったのです。



そこで、そもそもなぜ自転車を買ったのか考えてみると、

この自転車はもともと、前々職での通勤のために買ったものでした。

確かに、通勤では毎日乗っていたのです。



そして、前職では電車通勤だったので、日常で乗ることはほぼなく、

「ただ持っているだけ」と化していたのです。

いま思うと、5年ものあいだ不要なものを、「あれば使うかな」という理由でただ所持していました。

しかも大きい!

いまはほぼ家で仕事をしているので、通勤目的で買った自転車には乗るはずもありません。





まだ使えるけど不要なものを持っていると、

どうにかしてそれを使えないかと考えたり、

本当はもう必要ないのに、それが日々の暮らしの中で気がかりになります。

まだ使える不要品を持っていると、こんなことってありませんか?



ずっと持っていたので、手放すときはやはりさみしいものです。

でもこれからは、自転車のことを気にしなくてよくなったこと、

そして今後の引っ越しを考えると身軽になったことは、私にとって大きなメリットだと思います。





ちなみに最近は、すきやき鍋も処分しました。

これは同棲前から夫が持っていたもので、私が箱を開けたことは一度もありませんでした。

わが家ですきやきをすることはないので、現時点では今後も必要ありません。



キッチンまわりの戴きもので、全然つかってなかったものは、

リサイクルショップに売ったりして、かなり手放したのですっきりしました。

3〜5年使ってなくて、自分の理想の暮らしに必要ないものは、今後も使いませんよね。







|わが家の物の出入り



いまの家に住んで、1年7ヶ月。

いろいろな物を買ったり、手放したりしました。

比較的大きい物を記録します。





{迎え入れたもの}


・石鹸の道具収納兼、熟成棚
(キッチン向けに企画されたもののようです)

・ハンガーラック
(生徒様の上着掛け、荷物置きにもなります)

・タンス

・本棚



{手放したもの}


・収納ケース、大小約10個

・本棚にしていた収納棚2個

・自転車2台



その他、細々したものは、本当にたくさん断捨離しました。

服や靴、バッグなども断捨離しましたが、それでもまだ、こんなに必要ないと思っています。

ですが私のモットーとして、手放すことに納得できたら手放します。







|各家庭の不要品、代表格!?



クリーンセンターへ行くと、業者の方に混じって、私のように一般の方もゴミを捨てに来ています。

そこでチラッと、他人様が捨てている物が見えるのですが、

布団を持ち込んでいる人を毎回見かけます。



昔の嫁入り道具的な感じでしょうか。

今はベッドで寝る人が多いですし、

滅多にない泊まりの来客用に、何十年も前の布団を置いておくのは邪魔になりますよね。
(この部分はすべて想像です・笑)

実家でもこういう物を処分していたので、なんとなく分かります。



現代では、布団のレンタルというのもあるようなので、

来客時にはそういうのを使うのも手ですね。

うちは狭いので、泊まってもらうという概念がありませんが^^;



布団は大きいので、手放すとかなりスペースに余裕が生まれます。

来客用の布団がなければ枕も要りませんし、シーツも要りません。

どんどんスッキリしますね!







|まとめ



今回は、わが家で断捨離したものについて綴りました。

あなたのおうちにも、似たような状況のもの、ありませんか?



必要があって迎え入れたものも、もう使ってなければそれはガラクタになります。

ガラクタよりも、いま愛しているものに囲まれていたほうが、

もっと幸せに暮らせるのではないでしょうか^^



あなたが、本当に大切に想っているものを、大切にできる暮らしを応援しています!





◆ランキングに参加しています!
お手間でなければ、応援のクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





【関連記事】

『不要品をエコに手放す方法!&ムダ買いしないためのポイント1・2』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/05/bring-project.do-not-waste.html


『【ワードローブオーガナイズ】無理なく節約できて、時間と気持ちにゆとりを持てる方法』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/05/wardrobe-organize.html


『住まいと思考を整えて明るい未来を手に入れる!断捨離で幸せの土台づくり』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/06/danshari.shiawase.html





○ ● ○ ● ○





茨城・つくば 暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸
アザラシせっけん教室
つくばエクスプレス線・秋葉原、北千住、八潮、南流山、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、守谷、研究学園、つくばからも電車でお越しいただけます!

Facebook
Instagram
HomePage
○お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから⇒お問い合わせ・お仕事のご依頼 専用フォーム