2017年2月17日金曜日

リラックスする石鹸♪&暮らしを見つめ直してみる


リラックスする石鹸♪&暮らしを見つめ直してみる



春のようなあたたかい一日。
でも風が強かったですね。
明日はまた、寒くなるんだとか。

服装での調節が必要ですね。







|レッスンのサンプル試作



またまたサンプルの石鹸をつくりました♪

今回は、秋の夜長にリラックスする石鹸なんですよ。

プレーン(白)に、ブルーとパープルのマーブル模様。

香りも含め、なんとも絶妙な型入れまでの出来です。←自画自賛(笑)



募集開始まで、しばらくお待ちくださいね。

また、3月のレッスンスケジュールは近日中にご案内いたします。







|暮らしのなかを見つめ直す



いま使っている鍋やフライパンが傷んでいるので、そろそろ買い替えたいと思っています。



現在活躍中のフライパン。
3年くらい使っています。

石鹸をつくるときに湯煎で使うこともあります。

大きさも使いやすくて便利。



でも。
ちょうど昨日、マツコさんが夜の巷を徘徊する番組でやっていたのですが。
(ゴミ処理の施設を見学されていました!)

フライパンって、もちろん燃えないゴミじゃないですか。
捨てるときっと、埋め立て地などに使われるのでしょうか?
それか素材をリサイクルするならいいと思いますが。



例えば私が、扱いやすいけど消耗の激しいフライパンを選んだとして。
今後3年おきにフライパンをゴミとして出したら、その分ゴミが増えますよね。

しかも、愛着があるので本当は処分したくないんです。



ということは、長持ちするものを選んで使えばゴミも増えないし、愛着のあるものを手放さなくてもいい!ということになりますよね。

お手入れに手間がかかるものでも、慣れればそれが普通になりますし、もっと日々の暮らしが楽しくなりそうじゃありませんか^^?



買おうと思ってお店に行きましたが、素材を決めきれず一旦持ち帰りました。

いま検討しているのは、柳宗理の鉄のフライパンです。
鉄のフライパンにも2種類ありました^^;



柳宗理サポートサイト
http://www.yanagi-support.jp/catalog/03.html







|おわりに



今回の〆に何をお伝えするのがいいか…。

分かりやすくて、完結に言えることはこれです!(笑)



「ゴミはきちんと分別しましょう!」



というのも昨日の番組で、フライパンを燃やせるゴミに捨てている人がいた事例が出ていたからです!!

信じられないけど、燃えなくて(当たり前ですが)変型したフライパンが展示されていました。

ホッチキスの針も、ちゃんと分別して^^



私たちがいま、便利さを求め過ぎたり、手抜きをした代償は、
子どもたちや、またその子どもたちに響きます。

私が完璧にできている、というわけではありませんが、
世の中の人がみんな、こんなことを考えながら生活してたらいいのになあ。





【関連記事】

『食器洗いも石鹸で♡エコでhappyなキッチンソープ!』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/01/happy-kitchen-soap.html





○ ● ○ ● ○





茨城・つくば 暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸
アザラシせっけん教室
つくばエクスプレス線・秋葉原、北千住、八潮、南流山、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、守谷、研究学園、つくばからも電車でお越しいただけます!

暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」

Facebook
Instagram
HomePage
○お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから⇒お問い合わせ・お仕事のご依頼 専用フォーム