2016年12月27日火曜日

あなたのサロン(教室)のターゲットを考えればブログもスイスイ書ける!


あなたの「好き」を、ずっと。・女性のサロン起業ビジネス



あなたの「好き」を、ずっと。

暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」と
女性のお稽古サロン起業をサポートする、清水梨加です。



今回は「目標」、つまりあなたがサロン(お教室)を運営する目的を達成するために、力(経営資源)を向ける対象である、ターゲットについて確認していきましょう。







|どんな人に来てもらいたい?



サロンを運営していれば、誰だって「理想の生徒さん」というものがあると思います。

あなたも、「自分のサロンには、こういう人に来てもらいたいな〜♡」という理想があるのではないでしょうか。

ターゲットというのは、ここから想像して考えがちですが、そこを掘り下げる前にその理想に掲げた人物像が、あなたのゴールを達成するために焦点を充てるべき人物像かどうか考えてみてください。

ここにズレがあると、これからサロンをオープンして実際に来てくれる生徒さんが、「いいんだけど、本当の理想とはちょっとちがう」ということになるかもしれません。







|1人だけを狙う



あなたは自分のサロンが女性限定だとして、女性が100人いたら、その中の90人くらいに気に入ってもらいたいと思っていませんか?

たくさんの人に自分のサロンを知ってもらって、そして利用してほしいと思うのは当然のことです。



しかし実際に、約90人の女性を狙ってブログなどで情報を発信したり、宣伝すると、誰の心にも大してあなたのアプローチは響かないものです。

なぜだかわかりますか?



約90人も女性がいれば、その中には20代の人もいれば60代の人もいる。
独身の人もいれば、既婚者もいる。
専業主婦もいれば、バリバリ働くキャリアウーマンもいる。
子どもがいない人もいれば、3人子どもがいる人もいる。
都会に住んでいる人もいれば、田舎に住んでいる人もいる。

という風に、一括りに「女性」と言っても、それぞれライフスタイルや環境、趣味も性格も異なるわけです。

「30歳で専業主婦、子どもが1人いる、Aさんに向けた内容」と、「未婚でも既婚でも、30歳の女性に向けた内容」では、前者は確実にAさんの心を捉えたとしても、後者はAさんはもちろん、中途半端で他の誰の心にも響かないものになり得ます。

前者と後者では、必要としているものや、惹かれるものがちがうのです。



だから、100人いたら他の99人は切り捨てていいので、たった1人をターゲットとして設定するのです。

そしてその、たった1人に、120%満足してもらえるように尽力しましょう。



そんなことをしたら、「1人は確実に自分のサロンに来てくれたとしても、他に人が全然来てくれないんじゃないの?」って思いますよね。

でも、決してそんなことはありません。



例えばこのブログは、「これからサロン(お教室)を開きたい女性」に向けて書いています。
ですが実際に興味を示して読んでくれているあなたは、「これからサロン(お教室)を開きたい女性」でしょうか?

中には、すでにサロンを開いている人や、お稽古サロンを開くつもりはないけど、自分のビジネスの参考になりそうだという人もいると思います。

ですがこのブログは、「これからサロン(お教室)を開きたい女性」、しかもターゲットを1人に絞って書いているんですよ。



だからターゲットをたった1人に絞ることに、心配はいりません。

他にもあなたのサロンに興味を示して、実際に来てくれる人がいますよ^^







|ペルソナを設定する



ペルソナとは、あなたの商品(サービス)を心から欲しいと思ってもらえる、たった1人の「理想の顧客像」です。

一応、架空の人物像ですが、かなり具体的に設定する必要があります。



・名前
・性別
・年齢
・住まい(場所、戸建てorマンション、持ち家or賃貸)
・職業
・年収
・家族構成
・趣味
・性格
・平日の行動パターン
・休日の行動パターン
・周りからどのような人だと思われているか

など。



でも、架空の人物だと、どうしても最初は難しいと感じるかもしれませんね。

私もそうでした。

実在する人物をちょっとアレンジしてみたりしたこともありましたが、それよりもオススメなのは、過去の自分や、実在する人物をそのままペルソナとして設定することです。

こうすると、ものすごく想像しやすいですよ。

「○○さんなら、こうするだろうな」とか、「○○さんなら、こうしたいって言ってたな」とか。

リアルなので、環境や性格、行動パターンを探りやすいのです。

そしてその人に、あなたとあなたのサロン・商品(サービス)を気に入ってもらえるように、120%満足してもらえるように仕掛けていくようになります。



ビジネスにおいて、最初に目的を設定するのは一番大事なことですが、それと同じくらい大事なのは、「消費者理解」「消費者視点」です。

あなたのターゲットのことをよく理解して、あなたのターゲットの視点になってものごとを考える。

これは絶対に忘れないでくださいね!



ターゲットのことを理解できなければ、何を求めているかも分かりません。
すると、あなたのターゲットはどのような商品(サービス)を求めているかも分からないので、あなたがターゲットに向けて提供するサービスがターゲットの需要とマッチするのは難しいですよね。







|ブログを書く意味と内容



あなたのビジネスの目的と、ターゲットが決まりました。

ターゲットがインターネットを利用する人、ブログを見る人、何かを検索する人であれば、ブログを書くことにあなたの経営資源を使うべきと言えるでしょう。



ブログを書くのは、あなたやあなたのサロンのことを知ってもらい、ターゲットにあなたというブランドを買いたい(サロンを利用したい)と思ってもらうためです。



ブログに書く主な内容は、あなたの目的をもとに、ターゲットが欲している情報や必要としている情報です。

目指すゴールがはっきりしているので、ちゃんと目的の設定ができていて、それをあなたがミッション(使命・任務)だと感じていれば、自然と書くべき内容が浮かんでくるはず。

消費者視点を忘れないでくださいね!



今回ブログに関しては、軽く触れるだけにしておきますね。
また別記事で書きたいと思います。







|まとめ



ターゲットとペルソナを設定しましょう。

たった1人に絞り込みます。

そしてその、たった1人に120%満足してもらえるようなサロン(お教室)運営を目指して、戦略と戦術を考えていきましょう。





【関連記事】

『好きなことを仕事にして生きてゆく!資格を取得してお稽古サロンをはじめたいあなたへ』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2016/12/love-your-life.html


『ビジネスで一番大事なこと!あなたの目的を見つける作業とその設定の仕方』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2016/12/goal-of-your-business.html


『あなたのビジネスを効率的に軌道に乗せる!戦略的な考え方』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2016/12/business-strategy.html



◆お稽古サロン開業前&開業初期の女性のための個人セッション

『集客の基礎を理解して、スムーズにお稽古サロンお教室を開業する方法』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/01/personal-session.html





○ ● ○ ● ○





茨城・つくば 暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸
アザラシせっけん教室
つくばエクスプレス線・秋葉原、北千住、八潮、南流山、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、守谷、研究学園、つくばからも電車でお越しいただけます!

暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」

Facebook
Instagram
HomePage
○お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから⇒お問い合わせ・お仕事のご依頼 専用フォーム