2015年5月4日月曜日

正しい洗顔③


正しい洗顔①
正しい洗顔②


では、どのような洗顔料を使えばいいのでしょうか?

私がおすすめするなら石鹸に決まっているのですが(笑)、皮膚科医も固形石鹸が一番おすすめとしています♡(別の皮膚科医は、使い方を間違えなければ特に問題はないとしています。)

洗顔料やその他の化粧品でも、パッケージの裏を見ると、何やら難しくて長いワードがずらずらと記されていたりしますね。。
ちゃんと試験を経て商品化されているはずなので、極端に注意することはないかもしれません。ですが、自分が普段使っているものが何から出来ているのか、ふと考えたとき「???」じゃないでしょうか。

食品もそうですが、化粧品も手づくりすれば自分の目で確認したものしか入っていないのでとても安心だと思います♡



ここまで読んでいただいたところで、
「じゃあ、クレンジングはどうすればいいの?」
と思われている方も多いのではないでしょうか(笑)

パウダー系の軽めのメイクなら、石鹸で二度洗いすればメイクも落ちますよ^^
リキッドのファンデーションなど、油分の多いこってりめのメイクは、スーパーなどに売っている食用のオリーブオイルをクレンジング剤として使うことができます。(美容研究家・岡江美希さん方式^^)
アイメイクだけ濃いめの方もこちらのやり方でポイントメイク落としができます。

「浮かせて落とす」

指は軽く浮かせた状態にして、オイル(クレンジング剤)の滑らかさを利用して指をすべらせます。
こちらもこすって落とすのではなく、オイル(クレンジング剤)で汚れやメイクを浮かせて落とします。

クレンジングも洗顔もあまり時間をかけ過ぎず、それぞれ1〜2分で終わらせるようにします。
ちなみに、石鹸で泡パックしようと泡をお顔の上で何分もおいておくと、赤くなって肌荒れの原因になります。



3回に渡っていろいろと書きましたが、結局のところ美しいお肌のためには次の三つです!

①バランスのとれた食事
②適度な運動
③睡眠をきちんととる

細かく書くともっとありますが、この三つがまずは代表格ではないでしょうか。
これに加え、ストレスを溜めなければもっといいですね^^
やはり、外部からのケアより内部からのケア、インナーケアの方が断然効果があるようです。

私の場合は特に運動不足なので、どうにかしなければ〜〜と思っているところです!
最後まで読んでくださって、ありがとうございました♡

※参考文献「皮膚科専門医が教えるやってはいけないスキンケア」檜垣祐子著
     「素肌美人になれる正しいスキンケア事典」吉木伸子 他著



* * * * *

茨城県つくば市で開催する手づくり石鹸教室
「アザラシせっけん教室」

ただいま5月の1dayレッスン、ご予約承り中^^
5月はとってもかわいい洗顔石鹸をつくります♡
aging care soap -for summer-
夏バージョンの洗顔石鹸を用意するならこちらのレッスンへ!
もちろんからだにもお使いいただけます。

『aging care soap -for summer-』 アザラシせっけん教室



お友達とご一緒でも♩
お一人でのご参加でも♩
一緒に楽しく石鹸をつくりましょう♡


リカとアザラシせっけん教室の日記
Instagram rika_and_azarashi.s_diary(User)

* * * * *


前回の日記『正しい洗顔②
次の日記『母の日のプレゼント