2015年1月10日土曜日

アザラシせっけん教室のフライヤー


先日、アザラシせっけん教室のフライヤーを作成しました!

範囲も限られており、一部の方へのお手元にしかまだ渡ってないので、その内容をこちらに掲載いたします。



手づくり石鹸はしっとりすべすべ
ー手づくり石鹸についてー


『わが家のしっとりハンドソープ』Rika Shimizu


石鹸は簡単に言うと、 油脂+水分+苛性ソーダ でできています。

アザラシせっけん教室でつくるのは「コールドプロセス製法(CP法)」とよばれる技法で、これは熱を加えずに油脂と苛性ソーダを自然に反応させるつくり方です。
熟成期間を経て使用できるまで4週間以上かかりますが、このようにしてつくられた石鹸には油脂に含まれている肌に良いとされる成分がたくさん残っているので、とても良質なものになります。

惚れぼれするしっとりさの秘密は、油脂の全てを石鹸にせず、苛性ソーダの量を調節して過剰油脂を残すところにあります。
お好みで精油(エッセンシャルオイル)やハーブ、色材を加えてオリジナルの石鹸をつくるのも愉しみのひとつ。
香りつきの石鹸にすれば熟成中にふわっと漂う精油の香気に癒されたり、わくわくしたり・・・。

手づくり石鹸はきっと、あなたのバスタイムを豊かなものにしてくれることでしょう。



暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸
ーアザラシせっけん教室について・コンセプトー


『キャスティール』Rika Shimizu


大人の女性は自分自身や家族も安心して、継続的に使える石鹸を求めています。
そして、できればシンプルなスキンケアで美しく在りたいと願っているのではないでしょうか。

アザラシせっけん教室ではそれに応えるような素晴らしい石鹸を手づくりする時間と空間を提供し、女性たちに石鹸をつくる愉しみ、使う喜びを感じていただければと思います。

自らつくった石鹸であれば、毎日の肌の状態に合わせたものや季節感のある石鹸を暮らしの中に取り入れ、心地良いスキンケア生活を送ることができます。



アザラシせっけん教室


Profile 清水 梨加

つくば市在住のソーププランナー。「アザラシせっけん教室」講師。
“暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸”をコンセプトに掲げ活動中。不定期開催する「アザラシせっけん教室」の講師を務める。
生活の木「手作り石けん研究科講座」修了。

※アザラシせっけん教室は現在不定期開催のため、ブログにてお知らせをご確認ください

mail azarashisekkenkyoushitsu@gmail.com
Instagram(User) rika_and_azarashi.s_diary


前回の日記『手づくり石鹸のラッピング 1.8.2015
次の日記『【2月】季節の手づくり石鹸 1dayレッスンのお知らせ