2014年12月29日月曜日

よもぎマーブル


『よもぎマーブル』Rika Shimizu


前によもぎ入りの石鹸をつくったときに夫がとても気に入ってくれたので、改良したものをつくりました。

精油で香りづけしなくても、よもぎの香りが心を和ませてくれます。

ハーブは色や香りを楽しむだけなら適量で良いのですが、その効能を取り入れたい場合はかなり多めに投入しなければなりません。
今回はよもぎの効能を取り入れるために大量に混ぜ込んだので濃い緑色になりました。

よもぎは昔から、切り傷やアトピーなどの改善に使われてきたものです。
アトピーの夫の肌が少しでも和らぐようにと仕込みました。

でも実は今回、根本的なところで失敗してしまいました。
早く型入れできるようにと米油を使ったのですが、つくったあとに夫が米アレルギーだったことを思い出したのです!!
とは言っても普段から普通に食べているお米。
すっかり忘れていました。。
肌に塗り付ける?とますます痒くなってはいけませんね。
余裕ができたら今度は米油を抜きにしてつくります。

このように、いくらお肌にやさしい手づくり石鹸とは言え、個々に合う、合わないがあるので素材の選択は大切です。


○ ● ○ ● ○

ピュアオリーブ油
パーム核油
パーム油
ひまし油
米油

苛性ソーダ
精製水

よもぎパウダー
ホホバ油(スーパーファット)
クエン酸

○ ● ○ ● ○


前回の日記『Christmas Present♩2
次の日記『手づくり石鹸の管理帳